DS、PSP関連の情報、YouTube、ニコニコ動画などの動画保存方法、変換方法、便利ツール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PSPでPS1を遊んでみたくなったのでやってみました。動かすには、CFW導入済みのPSPが必要です。

PSPでPS1を動かすには、まず最初にゲームCDからイメージファイルを作成します。

CDライティングソフトが必要なので、今回は「CD Manipulator」を使ってイメージファイル(.iso形式、.img形式)を作成。今回は、長い間遊んでいないスーパーロボット大戦αを奥からひっぱりだしてきて、プレイできるようにします。

cdm1.jpg

トラック単位で変換を選択して、イメージファイルを作成する。

次に必要なのは、ISOをPSP用にEBOOT化圧縮するソフト「PS3-Free popstation v5」。

「pops_v5_delphi.zip」を解凍したら、中にある「pops_gui.exe」を起動する。
2007y10m23d_133035765.jpg

PS1のゲームのイメージファイルを、PS3-Free popstation v5のウインドウ内にドラッグ&ドロップし「コンバート」をクリック、コマンドプロンプトが開き変換されるまで数分待つ。コンソール画面が閉じれば変換完了。PSP用のPBPファイルがpops_gui.exeと同じフォルダに「EBOOT.PBP」が作成される。
cdm2.jpg

圧縮レベルは、0が無圧縮で9が最大圧縮。圧縮をかけすぎると動作しない場合がある。レベル9で変換後、616MBのファイルが419MBに圧縮された。

適当にフォルダを作りその中に「EBOOT.PBP」を入れる。そのEBOOTの入ったフォルダをメモリースティックのMS/PSP/GAMEフォルダに入れる。

あとは、メモリースティック内のスーパーロボット大戦αを起動させる。

起動できない場合は圧縮レベルを小さくすれば動くかも。なかには動かないソフトもあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。